インコを飼育する温度

体調不良のヒナなどで28℃ぐらいです。一時的に30℃くらいにする場合がありますが短時間です。 エアコンで25℃以上あればそれ以外は保温器具は必要ないと思います。 朝方に温度が下がらないように調整すれば良いでしょう。 エアコンなどを使用している場合、ケージに直接、風が当たらないようにしましょう。 また乾燥が激しいので加湿にも注意が必要でしょう。

室内の温度は夏も冬も人間が快適な温度がインコや文鳥にも快適です。